【花粉症の薬アレグラが効かない?】その理由とアレグラの特徴!


スポンサーリンク

 

今現在、花粉症治療において病院で処方されている薬の中で、最も多く処方されているのがアレグラです。

しかし、花粉症の患者さんの中には、そのアレグラを服用しているがあまり効果がないとの声も多く聞こえてきます。

そこで今回は、なぜアレグラを服用してもあまり効果が出ないという声を多く聞くのかを検証してみたいと思います。


スポンサードリンク


 

アレグラの特徴

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる薬において、アレグラが開発されるまでの薬は、その効果と引き換えに眠気・倦怠感・口の渇きなどの副作用が強い薬が多くありました。

花粉症患者さんにとっても効果が期待できる一方で、仕事で運転などに携わる花粉症患者さんにとっては切実な問題も多く抱えていました。

アレグラは、その眠気などの副作用を極力抑えながら、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる目的で開発された薬なので、仕事で運転などに携わる花粉症患者さんには必ず処方される薬となり、助かっている患者さんも多いと思います。

 

アレグラの効き目が悪いと感じる理由!

8ef8c4aed9256185b328186363b05805_s

どの薬にも言えることですが、薬の効き目が強いものはその副作用もまた強くなるという認識で間違いないです。

またその逆のことも言えるので、副作用を弱くした薬はその効果も弱くなってしまいます。

アレグラは、アレルギー症状を緩和させることと、眠気・倦怠感・口の渇きなどの副作用を極力抑えることのバランスをとった薬という位置づけの薬なので、わりと軽めの症状の花粉症患者さんには効果的ではあると思いますが、重症度の高い花粉症患者さんにはその効果が薄いと感じる方も多いと思います。

同じ花粉症患者さんでも、花粉症の種類も違えばその症状の重症度も違います。

また、人によっても薬の効果にはバラつきなどもあり個人差が出てきます。

 

アレグラが効かない場合の対策は

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

今のところ、アレグラよりも眠気などの副作用の弱い薬はあまりないと思います。

即効性を期待する場合は、り効き目が強い薬を病院で処方してもらうしかないです。

その代わり眠気などの副作用も強く出てしまいますので、強い薬は夜のみ服用して、昼間は少し弱めの薬を医師と相談して処方してもらうなどの工夫をしてみてはどうでしょうか。

また、即効性はありませんが、舌下免疫療法皮下免疫療法などの薬に頼らない根本治療や、レーザー治療などもこの機会に検討してみる価値はあると思います。

 

>>【2016年版】これで完璧!1月からのスギ花粉症対策10選

>>【1月花粉症速報】2016年スギ花粉の飛散開始とピーク時期予報!

>>【検証アレジオン!】薬が効かないと感じる花粉症の方へ!

>>【徹底比較!】アレグラとアレジオン花粉症に効く薬はどっち?

>>【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!

>>【一日一回しかも眠くならない!】花粉症のお薬の選び方まとめ!

>>【2016年版】目のかゆみに効く花粉症目薬!市販目薬ベスト5

>>【特集】花粉症の鼻水によく効く市販薬ベスト5!

>>【危険】花粉症の症状で咳が止まらないが意外にヤバい!

 

 

スポンサーリンク

1件のコメント

  • 篝火 稟

    確かに、アレグラは効きにくいと言われることが多いですね。
    あくまでも市販薬なので、万人向けに作られていますから、効き目も副作用も弱いようにされている訳です。
    やはり、花粉症で悩んでいらっしゃる方は、医師にきちんと処方箋を出してもらったほうが良いでしょうね。

コメントを残す