【今年の花粉症対策】花粉症が原因の咳を軽減する5つの方法!

今年のスギ花粉の飛散時期は、例年よりも少し早めの時期に花粉が飛散し始めるそうなので、今年は早めに花粉症対策しておく必があります。

花粉症の症状の中でも、咳の症状を訴える方がある一定数の割合でいます。

花粉症が原因の咳の症状にも、実は様々な原因があります。

そこで今回は、咳が出る原因と咳の症状を止める方法を5つご紹介しますので、咳の症状の改善にお役立て下さい。

 

花粉症で咳が出る主な原因

5e7fe52ee4b63b14e7761c8cc4abd26c_s

花粉症で咳の症状が出る主な原因ひとつは、花粉症で鼻詰りになり、口呼吸の割合が増えて喉や気管を痛めやすくなることが理由に挙げられます。

口呼吸だと、喉や気管にダイレクトに花粉やウィルスなどを付着させてしまいます。

人は鼻で呼吸することで、鼻がフィルターの役割を果たして、微物などの体内への侵入を軽減しています。

マスクをしていても、完璧には花粉の侵入を阻止は出来ませんので、喉や気管を痛めやすくする結果になっています。

 

特に咳が出やすい花粉症

  • ヒノキ
  • イネ科
  • ブタクサ

花粉症の中でも、特に咳の症状が出やすいのが、ヒノキ・イネ科・ブタクサの花粉症です。

 

花粉症が原因の咳を軽減する5つの方法

bf50425a343f8d72ae326bf3195323e7_s

  1. PM2.5カットのマスクの着用
  2. 空気清浄機の活用
  3. うがいをする
  4. のど飴・のどスプレー
  5. 咳止めの効果のある処方薬の服用

花粉症が原因の咳を軽減する方法は、まず花粉の侵入自体を減らすことです。

完璧ではないしろ、やはりマスクの着用は効果的です。

出来ればPM2.5カットマスクがより効果的ですので、マスクの着用と室内の空気清浄機での換気も合わせて、花粉の侵入を軽減する対策をして下さい。

あと、侵入した花粉に対する対策は、とにかく喉を潤すことが大切です。

そのために、うがいやのど飴・のどスプレーなどで対策することもとても効果的です。

それでも咳がひどい時は、予め咳止め効果のある薬を病院で処方してもらい、咳のひどい時にすぐに服用できるように準備しておきましょう。

 

のどの保湿が重要

cats

喉の保湿は、花粉症の咳対策だけでなく、風邪やインフルエンザの予防にも効果があります。

常に喉の保湿に気をつけておくことで、健康的な生活も手に入れることにも繋がりますので、普段から喉の保湿には気をつけておきましょう。

 

>>【イネ科花粉症】喘息を引き起こす?ハルガヤ花粉症の特徴と対策

>>【ひどい咳とイネ科花粉症】咳との関連性とその治療法!

>>【危険】花粉症の症状で咳が止まらないが意外にヤバい!

>>ヒノキ花粉症で咳が出る方へ!咳が出る理由と3つの解決策

>>【ブタクサ花粉症から咳喘息へ】すぐに治療すべき3つの咳の症状

 

コメントを残す