最近は花粉症の薬も、病院で処方されている薬と同成分の薬を、市販薬としてドラッグストアなどでも購入できる様になりましたが、このアレジオンもまた市販薬としてドラッグストアなどでも購入できます。

最近このアレジオンはテレビCM(武井咲さんが出ているCMです)でもよく見かけて、よく売れている薬ということで気になりましたので、私の鼻水・鼻詰まりの症状にも効果がありそうか、またその副作用なども気になるところですので調べてみました。

「気になる花粉症の薬アレジオン!その副作用と効き目は?」の続きを読む…

 

花粉症の患者さんの中には、市販薬サプリメントなどを服用している方も多いと思います。

そこで今回は、花粉症対策にサプリメントを選ぶ際のポイント注意点などを紹介したいと思います。

「【花粉症対策にはサプリメントが有効】選ぶ時のポイントと注意点!」の続きを読む…

 

病気全般に言えることですが、病気を発症する前もしくは病気を発症し始めた初期の段階での対策や治療が、とても重要になってきます。

これは初期療法といって早めに対策することによって症状が出る時期を遅らせたり症状自体を軽減させたりする効果が期待できます。

「【必見】花粉症対策には早めのお薬の服用が有効!」の続きを読む…

 

私も2~4月頃までは毎年花粉症に悩まされていて、花粉症の時期は朝起きたら特に鼻づまりの症状がひどくて朝から憂鬱になることが多いのですが、なぜそのような現象が起こるのでしょうか。

今回はなぜ朝起きた時に、特に花粉症の症状がひどくなるのかをご紹介したいと思います。

「【朝が特にひどい】花粉症の症状が起こるメカニズム!」の続きを読む…

 

今現在、日本での花粉症患者数は約3000万人とも言われています。

これまでは、花粉症は不治の病というのが定説でしたが、本当に完治する可能性はないのでしょうか。

今回は様々な花粉症治療の特徴などを踏まえつつ、完治する可能性のある治療法はないかを検討してみたいと思います。

「【花粉症は治るの?】あなたのその症状が100%完治する可能性」の続きを読む…

 

まだ花粉症になったことのない方の多くは花粉症の症状について詳しく解からないと思います。

実は花粉症の症状の中には微熱・寒気などの風邪に似た症状が出るケースもあります。

「【注意】風邪と間違えやすい花粉症による微熱・寒気などの症状」の続きを読む…

 

今現在の日本では、子供の花粉症発症の平均が約7歳くらいだと言われています。

だんだんと低年齢化が進んできていますので、今後はもっと発症し始める年齢が早くなってくる可能性が高くなってくることも予想されます。

それでは今回は、幼児期の花粉症対策について検証していきます。

「子供の花粉症デビューは平均7歳!幼児期からの花粉症対策」の続きを読む…

 

1歳未満の乳児でも花粉症になる可能性はあります!

これまでは、花粉症シーズンを2回経験していない1歳未満の乳児が花粉症になることは理論的にはないとされてきました。

そこで今回は、1歳未満の乳児の花粉症の症状の特徴とその対処法について検証していきたいと思います。

「【1歳未満でも花粉症になる!】乳児の症状の特徴とその対処法」の続きを読む…

 

子供の花粉症発症に関する最近のデータによると、5~9歳が約14%・10~19歳が約31%の発症率だそうです。

あなたの子供さんも花粉症を発症する可能性が大いにあることがわかると思います。

「【子供の花粉症対策まとめ】あなたの子供を花粉症から守れ!」の続きを読む…