レーザー治療は花粉症シーズン前の時期に受けるべき?

 

花粉症に対する有効な治療法の一つとされているレーザー治療ですが、実は花粉症のシーズンの前の時期に治療しておかないとあまりその効果が期待できません。

 

花粉症シーズンの2か月前の時期にレーザー治療を済ませておく!

レーザー治療の施術によって鼻の内部の粘膜を焼くのですが、その焼いた皮膚の再生に掛かる期間と花粉症の症状が出始めるタイミングが重要になっくるからです。

レーザー治療自体は一年中受けることは可能です。

これは元々が通年性のアレルギー鼻炎などの治療法として開発されたためです。

 

すぐにレーザー治療してくれるわけではないので要注意!

しかし治療時期のタイミングを外してしまうと病院によっては、事前検査などの結果次第で、あまり効果が期待できそうになければ、レーザー治療の施術自体を受付してくれない病院もあります。

それに、病院にいきなり行ってすぐにレーザー治療してもらえるわけではなく、詳しい問診後に血液検査を行い、どの花粉に対してアレルギーを起こすのかなどを見極めたうえで、その患者の方がレーザー治療の効果が期待できると医師が判断した後に、初めてレーザー治療の手術の予約を取ることができるので、手術自体の日程などは病院によっては2~3か月後という可能性もあります。

レーザー治療の手術自体を花粉症の発症の2か月くらい前には終えておきたいところなので、やはり4か月前くらいから病院への問い合わせや、通院し始めるなどの行動を起こしておく必要があります。

 

評判の良い病院は予約が取れないケースも!

あとレーザー治療の手術を受ける病院も、やはり信頼できる病院を選択したいところですので今はネットである程度は口コミ情報などをリサーチ出来ますので、事前に確認してみてください。

また、評判の良い病院は予約状況も混んでいるケースも考えらますので、花粉症患者の方でお薬による治療をどうしても避けたい方は、花粉症シーズンの4~5か月前の時期から病院を探し始めておく必要があると思います。

 

>>【花粉症患者必読!】症状を軽減できるレーザー治療とは

>>花粉症に有効なレーザー治療!副作用の心配はないの?

 

コメントを残す