【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!


スポンサーリンク

 

スギ花粉症の場合、花粉症のシーズンと風邪が流行る時期とが重なる場合が多いですが、花粉症の方のほとんどが何らかの薬を服用されていると思います。

もし花粉症の方が風邪をひいてしまった時は、花粉症の薬と風邪薬とを飲み合わせることになりますので、特に市販薬のみで花粉症対策されている方は、一体どの風邪薬を飲んだら良いのか迷う部分も多いと思います。

そこで今回は、花粉症の薬と風邪薬とを飲み合わせる際の注意点などをご紹介します。


スポンサードリンク


 

危険な薬の飲み合わせは?!

  • 同じ成分の薬の過剰摂取
  • 第一世代の抗ヒスタミン薬と解熱剤の飲み合わせは危険

 

<同じ成分の薬の過剰摂取>

cats

似たような成分の薬を飲み合わせることで、同成分の過剰摂取になる場合があります。

今の花粉症の市販薬は、アレグラFXアレジオン10など眠気の副作用を抑えた薬が多いですが、それでも眠気の副作用が全くないわけではありません。

しかし風邪薬や頭痛薬には眠気の副作用の強い薬も多いですので、花粉症の薬と飲み合わせることによって、眠気の副作用が強まるケースがありますので、仕事で日常的に車の運転などをされる方は特に注意しないといけません。

 

<第一世代の抗ヒスタミン薬と解熱剤の飲み合わせは危険>

花粉症の治療薬は、主に抗ヒスタミン薬が使用されるのですが、従来からある第一世代と今主流になっている第二世代の2種類の治療薬があります。

第一世代の抗ヒスタミン薬にはボララミンなどがありますが、市販で売られている花粉症の薬の中で特に効き目の強い薬はだいたい第一世代の薬と思って頂いていいと思います。

第一世代の薬は効き目が強い分副作用も強いですから、解熱剤などと飲み合わせる場合は、頭痛がひどくなったり脳への悪影響も考えられますので服用の際は必ず医師か薬剤師に相談して下さい。

 

>>【花粉症患者必見!】症状別おすすめの市販薬ベスト3!

>>【花粉症にはどの薬がいいの?】正しい薬の選び方まとめ!

 

まずは風邪薬を優先して飲みましょう!

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

もしも花粉症のシーズン中に風邪をひいた場合、どっちの薬を優先的に飲んだら良いのかわからないと思いますが、基本的には風邪を先に治してしまいたいので、風邪薬を優先して服用するほうがいいと思います。

風邪薬を服用する際には、花粉症の薬を服用してから12時間(1日2回服用の薬)から24時間(1日1回服用の薬)は時間を空けて風邪薬を服用するようにしましょう。

 

基本的には医師か薬剤師に相談するのがベスト!

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

花粉症の薬と風邪薬の飲み合わせに限らず、薬の飲み合わせには細心の注意が必要です。

花粉症の方の中には、病院へ行かずに市販薬で対策されている方もいますが、他の薬との飲み合わせについては、なかなか自分で判断できないと思いますので、風邪以外でも何らかの薬を飲む必要性がある場合は、必ず医師か薬剤師に相談することをおすすめします。

基本的には薬の飲み合わせの判断は自分でしないで、危険なリスクを避けるためにも必ず医師か薬剤師に相談するようにして下さい。

 

>>【2017年2・3月花粉症】今年のスギ花粉の飛散情報と対策!

>>【検証アレジオン!】薬が効かないと感じる花粉症の方へ!

>>【徹底比較!】アレグラとアレジオン花粉症に効く薬はどっち?

>>【花粉症の薬アレグラが効かない?】その理由とアレグラの特徴!

>>【一日一回しかも眠くならない!】花粉症のお薬の選び方まとめ!

>>【2016年版】目のかゆみに効く花粉症目薬!市販目薬ベスト5

>>【特集】花粉症の鼻水によく効く市販薬ベスト5!

>>【危険】花粉症の症状で咳が止まらないが意外にヤバい!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す