【特集】花粉症の鼻水によく効く市販薬ベスト5!


スポンサーリンク

 

私の場合もそうなんですが、花粉症の時期は特に鼻水が止まらなくなり、日常生活や仕事などにもかなり支障があります。

瞬間的に鼻水を止める方法があれば良いのですが、なかなかそんな都合の良い話はないですよね。

代わりに今回は、市販薬の中でも特に鼻水の症状に特に効果のありそうな市販薬を5つ選びましたので、花粉症シーズンの鼻水対策の参考にして下さい。


スポンサードリンク


 

薬の選び方

市販薬に限定して言えば、基本的に第二世代よりも第一世代の抗ヒスタミン薬の方が効き目が強い薬が多いです。

ただし、その分様々な副作用も強いですから、あくまでも鼻水の症状が悪化した時のみの緊急処置的に考えて、常用しないということが効き目の強い薬を服用する際の基本的な考え方です。

 

鼻水に良く効く市販薬ベスト5!

< 第1位 ベンザ鼻炎薬α >

cats

第一世代の抗ヒスタミン薬なので、効き目はバツグンですので鼻水は止まると思います。

ただし、眠気などの副作用は強く出ますので服用後の車の運転などは控えて下さい。

 

< 第2位 パブロン鼻炎錠S >

cats

この薬も第一世代の抗ヒスタミン薬に分類されますが、ベンザ鼻炎薬αに比べると少し効き目が落ちるように感じます。あくまで私個人の感想ですが、効き目は市販薬の中では強い方ですので体質的にこの薬の方が合う方もいると思います。

 

< 第3位 ザジテンAL鼻炎カプセル >

cats

この薬は第二世代の抗ヒスタミン薬に分類される薬で、その中でも効き目は強い部類に入ります。眠気などの副作用は少し出ますが、第一世代の抗ヒスタミン薬よりは低いです。効き目と副作用のバランスは一番いいと思います。

 

< 第4位 アレジオン10 >

cats

この薬も第二世代の抗ヒスタミン薬ですが、ザジデンよりは少し効き目が弱いです。その分眠気の副作用などはあまり感じないかと思いますので、副作用が少し気になる方にはオススメです。

 

< 第5位 アレグラFX >

cats

この薬も第二世代の抗ヒスタミン薬ですが、この薬の効き目に関しては弱いと感じる方も多いみたいですが、普段は問題なく効き目はあると思います。

ただ花粉の飛散量の多い日などは効き目が悪いと感じるかもしれませんが、眠気などの副作用はほとんど感じないと思います。乗り物などの運転を仕事にされる方には、この薬が一番いいと思います。

 

どうしても鼻水が止まらない場合は

c2207037a011e694663395652d71b653_s

どうしても市販薬では鼻水が止まらない場合は、病院で頓服薬を処方してもらって下さい。私の場合はヒスタブロック配合錠という薬を処方してもらって、一時的に症状がひどい時には服用するようにしています。

基本的にこの手の薬はステロイド系の成分の薬がほとんどですので、医師の指示に従って常用はしないで下さい。

 

>>【2017年2・3月花粉症】今年のスギ花粉の飛散情報と対策!

>>【検証アレジオン!】薬が効かないと感じる花粉症の方へ!

>>【徹底比較!】アレグラとアレジオン花粉症に効く薬はどっち?

>>【花粉症の薬アレグラが効かない?】その理由とアレグラの特徴!

>>【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!

>>【一日一回しかも眠くならない!】花粉症のお薬の選び方まとめ!

>>【2016年版】目のかゆみに効く花粉症目薬!市販目薬ベスト5

>>【危険】花粉症の症状で咳が止まらないが意外にヤバい!

 

スポンサーリンク

コメントを残す