【イネ科花粉症】麦花粉症と小麦アレルギーの密接な関係

 

イネ科の花粉症の方は、食物アレルギーを併発してしまうケースが多いです。

なかでも、小麦を成分とした食べ物にアレルギー反応を起こすことが多くあり、症状が重症化した場合アナフィラキシーショックを起こしてしまう危険性も高いので要注意です。

麦の花粉に反応する花粉症の症状もありますが、むしろ小麦などの食物アレルギーの影響のほうが深刻だと思いますで、イネ科の花粉症にはならないように対策をする必要があります。

そこで今回は、イネ科(麦)の花粉症と小麦アレルギーについて詳しく調べましたので、参考にてして下さい。

 

小麦は食物アレルギーのアレルゲン(原因物質)のワースト三位

cats

<食物アレルギーのアレルゲン(原因物質)ワースト3>

  1. 鶏卵
  2. 牛乳

小麦は、食物アレルギーのアレルゲンの中でも、鶏卵・牛乳に次いで3番めに多いアレルゲンになっています。

 

<麦を使った主な食品>

パン・麺類(パスタ・ラーメン・うどん・そば・そうめん)・お好み焼き・カレー・シチュー

スナック菓子・ケーキ・ビスケット・せんべい

味噌・醤油・スパイス・ビール・麦芽・水飴・食用油

 

小麦を使用した食べ物は数多くありますので、なかなか全て把握しきれないと思いますが、小麦を使用した食品には、パッケージの原材料欄に表示が義務付けられていますので、必ずチェックするクセをつけおくようにしたほうがベストです。

 

>>【特集】カモガヤ花粉症の方の食物アレルギーの対策と治療法!

>>アレルギー患者の方のアナフィラキシーショック時対応マニュアル

 

イネ科(麦)花粉症対策

60ce021bbcf5b54d3acb0f65e85fcd5a_s

<特徴>

  • 飛散時期・・・6月ころの収穫時期が一般的
  • 生息場所・・・麦畑
  • 生息地域・・・日本全域(栃木県・佐賀県が特に収穫量が多い地域です)

<対策>

  • 麦畑の周辺には近づかない
  • マスクを着用する
  • 5月・6月の時期は特に注意する

 

>>【カモガヤ以外も危険!】種類別イネ科花粉症の特徴と飛散時期

 

イネ科花粉症の方は食物アレルギーの検査を受けて下さい!

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

イネ科の花粉症の方は、一度病院で食物アレルギーの検査を受けて、きちんとアレルゲンを特定して把握しておくことが、対策の第一歩になりますので、重症化してアナフィラキシーショックなどにならない予防策としても重要になりますので、アレルギー検査の受診は必ずしておいて下さい。

 

>>【5月のイネ科花粉症】アレルギー検査の費用と4種類の検査項目

>>【完全版】5月のイネ科花粉症の症状改善には5つのカモガヤ対策!

 

1件のコメント

  • 岡村 浩香

    母親29歳、長男4歳、次男3か月です。先日強風の日に、自宅近く
    にある麦畑を通りました。帰ると次男の目の周りが赤くなり、私のくしゃみ、鼻水が止まらず、長男だけは何も変化はありませんでした。次男は暫くして赤みは引き安心していたら、入浴後に再度発症。翌日は頬や顎の辺りにまで広がって来ました。私の症状は継続しています。麦花粉症でしょうか?私は今まで小麦食品を食べても何の症状もありませんでした。検査をした方がいいですか?現在母乳を与えていますが、今後小麦製品は控えた方がいいですか?

コメントを残す