今現在、日本では約3000万人の花粉症患者がいると言われています。

以前までは、花粉症の完治は難しいとされていましたが、最近の花粉症治療では舌下免疫療法が花粉症を完治させる唯一の治療法ということで、TVや雑誌などで取り上げられて話題になりました。

しかし、舌下免疫療法ではスギ花粉症の方には治療の効果はありすが、スギ花粉症以外の方には効果はありませんので、別の治療法を探す必要があります。

そこで今回は、スギ花粉症以外の花粉症の完治に有効な皮下免疫療法について、詳しくご紹介しますので治療の参考にして下さい。

「【特集】スギ以外の花粉症を完治させるには皮下免疫療法が最適!」の続きを読む…

 

9月の花粉症の代表格と言えばブタクサ花粉症になりますが、世間的にはあまり知られていないようです。

アメリカの特に北米地区では、このブタクサ花粉症が一般的な花粉症となっていて、日本のスギ花粉症やヨーロッパ地区のイネ科花粉症と並び、世界三大花粉症の一つにもなっているほど有名です。

日本にもブタクサ花粉症の患者さんは多くいますが、夏風邪と勘違いしていてそもそも花粉症の認識が無い方も多いのが事実です。

そこで今回は、ブタクサ花粉症の花粉の飛散時期や生息場所の特徴などをご紹介しますので、参考にして下さい。

「【特集】ブタクサ花粉症の飛散時期・生息場所・特徴まとめ!」の続きを読む…

 

「花粉症は春先にかかるもの」、そのように認識している方も多いですが、実は花粉症の原因となる花粉は一年中飛散していますので、どの季節も花粉症にかかる可能性はあります。

夏の終わりから秋になる季節はブタクサ花粉症の時期で、9月に一番症状がひどくなる傾向がありますので、きちんと対策をしておく必要があります。

そこで今回は、ブタクサ花粉症対策をまとめましたので参考にして下さい。

「【ブタクサ花粉症かも?】夏から秋の花粉症対策まとめ!」の続きを読む…

 

8月から10月にかけての時期が、ブタクサ花粉症のピーク時期ですが、ブタクサ花粉症は鼻水やくしゃみ、咳などの症状が出るために夏風邪と間違えやすいです。

また、ブタクサの花粉症自体を知らない方も多く、夏風邪と勘違いする原因の一つにもなっています。

そこで今回は、夏風邪と間違えやすいブタクサ花粉症の症状の特徴を3つご紹介しますので、治療の際の参考にして下さい。

「【注意】夏風邪と間違えやすいブタクサ花粉症の症状の3つの特徴」の続きを読む…

 

花粉症と言えば、2月から4月ころにかけてピークの時期をむかえる、スギやヒノキの花粉症をイメージする方も多いと思います。

ですが、8月から10月にかけて飛散のピークの時期をむかえるブタクサの花粉も、スギやヒノキに次いで3番目に多い花粉症の原因になっています。

そこで今回は、ブタクサ花粉症の今年のピーク時期や傾向をまとめましたので、これからのブタクサ花粉症の時期に備えるための参考にして下さい。

「【2015年版】ブタクサ花粉症のピーク時期と今年の傾向まとめ」の続きを読む…

 

最近では、赤ちゃんの食物アレルギー疾患が増えていて、10人に1人の赤ちゃんが何らかの食物アレルギーの疾患を持っているといわれています。

食物アレルギーの疾患の持つ赤ちゃんの治療や対策には、日々の日常生活から気を配る必要があります。

そこで今回は、赤ちゃんの食物アレルギーの治療法や、治療に対して重要な3つの考え方をご紹介しますので、ぜひ赤ちゃんのアレルギー治療の参考にして下さい。

「【赤ちゃんの食物アレルギー】アレルギー治療に重要な3つの考え方」の続きを読む…

 

最近は、子供のアレルギー疾患の割合が増えてきていますので、赤ちゃんのうちからきちんとアレルギー検査をして、アレルギーの原因を特定しておきたいところです。

知らないうちに食物アレルギーを保有していて、アレルギーの原因となる食べ物を口にして、アナフィラキシーショックを起こす危険性もありますので、早めに赤ちゃんのアレルギー検査をしておいたほうが良いです。

そこで今回は、赤ちゃんがアレルギー検査を受診する際の、検査方法や費用などについてまとめましたので参考にして下さい。

「【赤ちゃんの食物アレルギー】アレルギー検査の方法・費用まとめ!」の続きを読む…

 

赤ちゃんに生後6ヶ月ころからそろそろ離乳食をとお考えの親御さんの中には、赤ちゃんの食物アレルギーが気になる方も多いと思います。

最近は、子供のアレルギー疾患の割合も増えてきていますので、離乳食を始める前にアレルギー検査をして、赤ちゃんが食物アレルギーがあるのか、またどの食物に対してアレルギーがあるのかしっかりと把握しおきたいところですね。

そこで今回は、赤ちゃんがアレルギー検査を受けるタイミングや、アレルギー検査の受診の際の注意点などをご紹介しますので参考にして下さい。

「【赤ちゃんの食物アレルギー】アレルギー検査はいつ頃が最適?」の続きを読む…

 

5月から9月にかけての夏場の時期は、マダニによる感染症を警戒する必要があります。

夏になると、山へ出かけてハイキングやキャンプ、魚釣りや昆虫採取など予定してることと思いますが、そういった場所の草むら付近にはマダニが生息しています。

マダニは動物だけではなく、ヒトにも寄生しますので、ウィルスを保有するマダニに噛まれるとSFTSなどの感染症にかかる可能性がありますので、山や草むらなどに近づく際には特に気を付けなければいけません。

そこで今回は、7つのマダニ感染症予防対策をご紹介しますので、山などに出掛ける際の参考にして下さい。

「【重要】感染症がヤバイ!7つのマダニ感染症予防対策」の続きを読む…

 

5月から9月の夏場に警戒が必要なマダニですが、実はマダニに噛まれること自体はそんなに深刻な問題ではありません。

しかし、ウィルスを保有しているマダニに噛まれることで、噛まれた人が感染症にかかるおそれがあり、場合によっては死に至るケースがあるので、マダニには警戒が必要になってきます。

国立感染症研究所の発表でも、2015年4月8日までに国内で32人の死亡者でているとのことですので、非常に怖い話です。

そこで今回は、マダニに噛まれることで引き起こされる感染症のリスク・初期症状・本格的に症状が出るまでの潜伏期間などについて紹介します。

「【マダニから感染症へ】SFTSの症状と発症までの潜伏期間」の続きを読む…