近年日本では、アレルギー患者数も増加傾向にあり、私も花粉症を患っているのですが何らかのアレルギーを持っている方も多いと思います。

アレルギーにも様々あり食物アレルギー動物アレルギー花粉症アトピー性皮膚炎気管支喘息などもアレルギーの部類に入ります。

アレルギー症状が重症化した場合に、アナフィラキシーショックを起こすケースが考えられますが、そのような緊急事態の時に備えて、今回は様々な対応の仕方をご紹介したいと思います。

「アレルギー患者の方のアナフィラキシーショック時対応マニュアル」の続きを読む…

 

先日のNHKスペルシャル「新アレルギー治療~鍵を握る免疫細胞~」(4月5日放送)で、アレルギー治療の鍵として「Tレグ」と呼ばれている免疫細胞が紹介されていましたね。

花粉症の根治療法としては舌下免疫療法が有名ですが、花粉症だけでなくアレルギー治療の根治療法としての基本的な考え方としては、アルレギーの原因物質(アレルゲン)を徐々に体内に取り込んで、アレルギーの異常反応徐々に抑えていくという方法です。

このTレグと呼ばれる免疫細胞が、その治療の成果に大きく関わっているようです。

私も花粉症を患っいてとても気になりいろいろ調べてみましたので、花粉症アトピー性皮膚炎などアレルギーでお悩みの方は、ぜひ治療の参考にしてみてください。

「【速報】アトピーの方必見!NHKでも紹介されたTレグがアレルギーを治す」の続きを読む…

 

ヒノキ花粉症に限らず、花粉症で咳が止まらないなどの症状を訴える方も多いです。

スギ花粉症のピーク時期は、風邪が流行る時期でもありのどが痛かったり咳が出たりすると風邪ではないかと疑うと思いますが、ヒノキ花粉症のピーク時期は風邪もそんなに流行る時期でもありませんから、花粉症による影響を疑って見てもいいでしょう。

ではなぜ、ヒノキ花粉症で咳が出るのか疑問の方も多いと思いますので、今回はヒノキ花粉症咳が出る理由とその解決策をご紹介したいと思います。

「ヒノキ花粉症で咳が出る方へ!咳が出る理由と3つの解決策」の続きを読む…

 

5月上旬くらいまでは、ヒノキ花粉症の時期が続きますので、スギやヒノキの花粉症の方は、まだ油断できない時期が続きますが、今度のゴールデンウィークは日本で過ごさずに海外旅行などを計画されている方も多いと思います。

アメリカのブタクサ欧州地区のイネ科など、海外にも花粉症はありますので、旅行先の花粉症事情はとても気になるところだと思います。

そこで今回は、海外の花粉症事情や旅行の準備の際の注意点などを、詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

「【ヒノキ花粉症の方必見】ゴールデンウィーク中の海外花粉症事情まとめ」の続きを読む…

 

4月に入ってもまだ、くしゃみ・鼻水・鼻詰りなどの花粉症の症状が治まらず、一体いつまで花粉症の時期は続くのかという疑問をお持ちの方もいると思いますが、花粉症にかかる可能性のある花粉は一年中どの季節でも飛散しています。

2月から5月上旬にかけては、スギ花粉からヒノキ花粉の時期へと移行して、その後はイネ科の花粉に注意が必要になります。

「【花粉症の時期はいつまで?】ヒノキの次はイネ科の花粉に注意!」の続きを読む…

 

4月から5月上旬にかけてのこの時期は、ヒノキ花粉が飛散する時期ですので、花粉症に対する対策が引き続き必要になってきます。

花粉症対策としては、スギ花粉症もヒノキ花粉症も基本的には対策に大きな違いはありません。

ヒノキ花粉の飛散時期は主に3月下旬~5月上旬で、この時期は進学や就職・転勤など新生活が始まったりする時期でもありますので、既にスギ花粉による花粉症の方は特に注意が必要なのですが、まだ花粉症にかかっていない方にも、今のこの時期のヒノキ花粉症にならないための対策を5つご紹介しますので、ヒノキ花粉症対策の参考にしてみてください。

「【必見!】ヒノキ花粉症にならないための5つの対策!」の続きを読む…

 

4月に入りスギ花粉症のシーズンのピークが過ぎても、今度はヒノキ花粉症のピークがやってきます。

スギ花粉症ヒノキ花粉症とは併発しやすいため、長期間に渡って症状が出続けることになり、その間薬もずっと服用する事になります。

私もスギとヒノキの花粉症を併発しているので、毎年処方薬市販薬とを必要に応じて飲んでますが、4月ころになると割りとくしゃみや鼻水と言った症状は軽めにはなるのですが、鼻詰りやのどの違和感みたいな症状がよく出ます。

そこで今回は、今のこのヒノキ花粉症の時期によく起こる、鼻詰りの症状やのどのケアなどに効果がある市販薬を探してみましたので、ご紹介したいと思います。

「【特集!】ヒノキ花粉症によく効く市販薬ベスト3!」の続きを読む…

 

通常ヒノキ花粉症の時期は、スギ花粉症の時期よりも数週間遅れてやってきます。

そのためにヒノキ花粉症の方はスギ花粉の時期が過ぎても、まだ花粉症の症状が出た状態になります。

長期間に渡って花粉症の症状が続くことで、のどへのダメージも蓄積されていき、その結果のどの痛みなどの症状が出やすくなります。

このために、ヒノキ花粉症の方が特にのどの痛みなどを感じる原因にもなっています。

「ヒノキ花粉症でのどの痛みが出る?この時期特有の黄砂との関係」の続きを読む…

 

2015年度今年のヒノキ花粉飛散の傾向としては、四国・中国・近畿地方は4月上旬~中旬、中部・北陸・関東地方は4月中旬~下旬の時期が、それぞれ飛散のピークとなっています。

また、今年のヒノキ花粉飛散量の傾向としては、前年比で九州~近畿地方にかけては少なめで、北陸~関東地方にかけては約3倍の飛散量になっていますので、北陸~関東地方にお住まいの方は充分に注意が必要です。

「【2015年版】ヒノキ花粉症の時期と今年の傾向!」の続きを読む…

 

私自身も毎年花粉症には悩まされていて、病院で薬を処方してもらっています。

私はあまり知らなかったのですが、花粉症の友人が病院でザイザルという薬を処方してもらって服用しているが、いまいち効き目が悪いと言っていました。

その友人はスギ花粉のみの花粉症で、症状自体は私よりも少し重いほうなので、そのせいでザイザルという薬の効き目が弱いと感じているみたいです。

そこで私も少し気になったのでザイザルについて調べてみました。

「【ザイザルってどうなの?】花粉症の治療薬としてのスペックは?」の続きを読む…