ナガハグサの花粉症は、カモガヤなどの花粉症と同様、夏の時期の花粉症として注意が必要なイネ科の部類に入ります。

ナガハグサ花粉症は、6月から7月の花粉の飛散が特に多い傾向があります。

これらの植物はいわゆる雑草と呼ばれているために、雑草アレルギーの分類されているのですが、基本的には花粉を吸い込んで発症しますので、花粉症との違いはありません。

また、症状もくしゃみ・鼻水・鼻詰りや目のかゆみといった、一般的な花粉症の症状と同じです。

そこで今回は、ナガハグサの時期・症状・対策などご紹介します。

「【6月のイネ科花粉症】ナガハグサ花粉症の時期・症状・対策まとめ」の続きを読む…

 

8月から10月くらいまでの時期は、ブタクサ花粉症のピークの時期になります。

この時期に、くしゃみ・鼻水・鼻詰りや目のかゆみといった症状が出る方は、ブタクサ花粉症の可能性があります。

ブタクサ花粉症は、一般的な鼻や目の症状以外にも、咳が出たりのどが痛くなったりと、のどに関する症状が多いのも特徴になります。

そこで今回は、ブタクサ花粉症の症状によく効く市販薬を、症状別に分けてご紹介しますので市販薬を購入の際の参考にして下さい。

「【特集】症状別!ブタクサ花粉症に効く市販薬ランキングベスト3」の続きを読む…

 

毎年のように夏になると、熱中症の話題をよく耳にしますが、温暖化の影響か年々夏の時期の気温が高くなってきてますので、熱中症には気をつけないといけません。

熱中症は炎天下での運動の際や、真夏の日差しの強い日の外出の際になるものという認識の方もいるでしょうが、実は熱中症患者全体の約4割が家の中で熱中症になっていますので、家の中の熱中症対策も意識する必要があります。

そこで今回は、家の中での熱中症対策と外出の際の熱中症対策を、それぞれご紹介しますので熱中症を未然に防ぐためにもぜひ参考にして下さい。

「【完全版】家の中と外出時の熱中症対策まとめ!」の続きを読む…