花粉症と言えばスギやヒノキの花粉症が有名ですが、5月~8月の時期はイネ科の花粉症がピークを迎えます。

イネ科の花粉症の症状も、くしゃみ・鼻水・鼻詰りや目のかゆみといった一般的な花粉症の症状とあまり変わりません。

5月に入ってもまだくしゃみ・鼻水・鼻詰りなどの症状が出ている方は、イネ科の花粉症の可能性が高いです。

スギやヒノキの花粉症と同様に、市販薬で症状を軽減したい方も多いと思いますので、今回はイネ科の花粉症の症状に効く市販薬をいろいろとご紹介します。

「【特集】イネ科花粉症の症状に効く市販薬まとめ」の続きを読む…

 

5月~8月にかけては、イネ科の花粉症がピークの時期を迎えますが、イネ科の花粉症の中でもカモガヤはその代表格です。

スギ花粉症の方は、カモガヤの花粉症にもなりやすと言われていますので、併発しないようにこれからの季節は充分に注意が必要です。

また、何らかのイネ科の花粉症を発症している方は、別のイネ科の花粉にも反応しやすいので、そういった意味でも注意が必要になります。

「【注意】イネ科花粉症の時期到来!カモガヤには近づくな!」の続きを読む…

 

何らかのイネ科の花粉症にかかっている方は、イネ科の植物に接触する場合にアナフィラキシーショックを起こす危険性がありますので、細心の注意が必要です。

特に5月ころから秋の季節にかけては、イネ科の植物の花粉の飛散がピークをなり、秋には水田などでイネの収穫の時期を迎えます。

この季節は段々と気温が高くなってきますので、マスクの着用が鬱陶しく感じる時期でもあり、花粉症対策も春先の頃ようにはなかなかできないと思いますが、今回紹介する5つの対策アナフィラキシーショックの危険から、事前に身を守ることになりますので参考にして下さい。

「【重要】イネ科の花粉症でアナフィラキシー?未然に防ぐ5つの対策!」の続きを読む…

 

5月になるとヒノキ花粉の飛散が一段落し、花粉症の症状もあまり出なくなってきて一安心と言ったところですが、これからはイネ科の花粉に注意が必要な時期になってきます。

私もスギとヒノキの花粉症を患っていて、ようやく花粉症の鬱陶しい症状から開放されてホッとしているのですが、これからの時期はイネ科の花粉症が気になるところですので、今年の飛散時期や飛散場所の傾向などを調べましたので、ぜひいろいろと参考にしてみてください。

「【2015年版】イネ科花粉症の今年の飛散時期と飛散場所の傾向」の続きを読む…