今年も秋の花粉症の季節が近づいてきました。

秋の花粉症で代表的なものはブタクサなどのキク科の植物イネ科の植物でしょうか。

つらい花粉症の症状を少しでも和らげるためには、やはりアレルギーに効果の高い抗ヒスタミン剤の薬などが選ばれています。

現在では薬局でもお手軽に購入できるようになりましたが、どうしても効き目が弱かったり、副作用である眠気に悩まされたりする方が多いようです。

そんな中、2016年の11月から新たな薬が保険適用で処方してもらえるようになりました。

抗ヒスタミン作用の新薬「ビラノア」

ビラノアは2016年の11月から保険適用が開始された新薬です。

アレグラやザイザルなどで効果があまり感じられなくなった人にもよく効くとのことで、現在注目を集めています。

気になる効能は

・抗ヒスタミン作用

ヒスタミンの働きを抑えることができ、アレルギー反応に効果的。

蕁麻疹や花粉症、喘息など鼻水鼻づまり、咳などを改善してくれる。

早く効き、効果は1日持続する。

・アレルギー性鼻炎

湿疹や蕁麻疹にも効果が期待できます。

 

ビラノアの特徴とは?

アレグラなどの抗ヒスタミン剤よりも眠くなりにくく、即効性があり持続時間も長いのが特徴です。

ただし、注意点として空腹時に飲まなければ効果が大幅に低下してしまいます。

空腹時に飲まなくてはいけないので、少し飲みにくさはありますが、その効き目と即効性からアレグラやザイザルに打って変わる、今後期待大の新薬です。

 

ビラノアは他の抗ヒスタミン剤に比べて眠たくなりにくい?

アレグラ、ザイザルなどの抗ヒスタミン剤に比べてビラノアは眠たくなりにくいようです。

抗ヒスタミン系の薬はもれなく眠気が付いてくるといっても過言ではないので、眠たくなりにくいのはうれしいですね。

ビラノアの眠たくなりにくい理由は「脳内のヒスタミン受容体に移行しないから」とのことですが、絶対に眠たくならない!と言うことでは無いので、もしも眠たくなった場合の事も考えた上で飲む方がいいかもしれません。

やはり副作用というものは薬にはつきものですので、車を運転する前などは控えた方がいいように思います。

・副作用について

もちろんビラノアにも副作用は存在します。

主な副作用は

・眠気

・頭痛

・下痢

・腹痛など

ほかにも胃部不快感や消化不良、胃炎などがあげられます。

必ずお医者さんで処方してもらい用法用量を守って服用してください。

また、妊婦の方が飲むことはNGとなっておりますので、妊婦の方は事前にお医者さんに伝えておきましょう。

 

その他の花粉症対策もお忘れなく!

ビラノアを飲めば症状は軽減されますが、あくまでも軽減です。

基本の花粉症対策も合わせて行うことでより効果を高めることができます。

以下の記事に基本の花粉症対策を解説しておりますので、是非合わせてお読みください。

<< 花粉症対策 >>

>>花粉症対策の定番の食べ物ヨーグルト!意外と間違っている食べ方

>>【手軽に花粉症対策】花粉症に効く飲み物・悪い飲み物まとめ!

>>すぐ出来る!簡単・手軽な花粉症対策10選!

<< 秋の花粉症 >>

>>【秋の花粉症】ヨモギ花粉症の方の食物アレルギーの症状と対策!

>>【秋の花粉症】ヨモギ花粉症のピーク時期・症状・対策まとめ!

 

毎年花粉症の時期になると憂鬱な気分になる方大勢いるかと思います。

そんな憂鬱な気分を少しでも拭えるように、お役にたてていただければと思います。