【速報】花粉症処方薬ザイザルが効かない場合の7つの対処法!


スポンサーリンク

 

花粉症の方が症状を抑える方法として、市販薬の服用で乗り切るか、病院で処方薬をもらい服用するかのどちらかが一般的だと思います。

病院で処方される薬の中に、ザイザルという薬があるのですが、ザイザルを処方された方の中には、効き目がいまいちと感じる方もいると思います。

そこで今回は、ザイザルの特徴とザイザルが効かない場合の対処法を7つご紹介しますので、花粉症の症状を抑えるのに苦労されている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。


スポンサードリンク


 

ザイザルの特徴

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン薬という部類に入りますが、病院でのみ処方される治療薬ですので、一般に市販薬としては販売されていません。

第二世代の抗ヒスタミン薬ですので、第一世代の抗ヒスタミン薬やステロイド系の治療薬よりは、眠気や口の中の渇きなどの副作用が少ないのが特徴です。その分効き目もマイルドになっていますので、花粉症の症状がひどい方は、効き目が弱いと感じる方もいると思います。

<効果効能>

  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 痒疹

<用法・用量>

  • 1日1回
  • 就寝前の服用
  • 1回5mgを1錠服用(効果が不十分な時のみ1日10mgまで服用可)

ただし、小児(7歳以上15歳未満)に対しては1日2回(朝食後・就寝前)で1回2.5mgの服用になります。

 

ザイザルが効かない場合の7つの対処法

  1. 治療薬を変える
  2. 強い薬を併用する
  3. 注射による治療法を試す
  4. 薬以外の花粉症対策も行う
  5. レーザー治療法
  6. 舌下免疫療法、皮下免疫療法
  7. 予防対策から始めておく

ザイザルは花粉症治療薬の中でも、効き目・副作用共に中程度の部類に入ります。なので、ザイザルで効き目が弱いと感じる場合は、まだ効き目の強い薬が他にもありますので、徐々に強めの薬に変えて、自分に合う薬を見つけることが一番効果的な対処法です。

ただし薬を変える際には、病院で医師ときちんと相談の上で副作用に関することや、他の薬との併用に関する注意点など確認するようにしておきましょう。

あと普段はザイザルで、花粉症の症状が抑えられているが、たまにザイザルが効かない時があるなどのケースでは、ザイザルの服用はそのまま継続して、ステロイド系の頓服薬や点鼻薬を症状が効かない時だけ使用をする方法もお勧めします。

他の対処法としては、ヒスタグロビン注射などの治療などがあります。

ヒスタグロビン注射の効き目は、それなりに有効な治療法だと思います。特別効き目がバツグンという訳にはいきませんが、副作用の影響はかなり低く抑えられていて、しかもどのアレルゲンに対しても基本的に効果が期待できるとされていますので、スギ花粉はもちろんのこと他の花粉症にも有効な治療法になります。

ただし花粉症シーズン中は1ヶ月に数回程度の通院をする必要がありますので、仕事などでお忙しい方には、少しハードルが高いかも知れません。

あと、薬以外の花粉症対策も並行して行いましょう。外出時のマスクの着用家の中に花粉を入れないなどの花粉症対策は、花粉を体内に入れない基本的な対策になりますので、花粉症の症状を重症化させないための、大事な対策になります。

それから、既に花粉症の症状が出ている方は対象になりませんが、予防対策としてレーザー治療法予防効果のある薬の服用は、根本的に花粉症が完治する訳ではありませんが、事前に対象することでシーズン中の花粉症の症状の軽減に効果的です。

最後に、花粉症を完治させる治療法として、舌下免疫療法皮下免疫療法をご紹介します。治療期間が長く根気のいる治療法ですが、2〜3年の治療期間を経て花粉症の症状が完治すれば、薬の服用に頼らなくて済みますので、この機会に一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

別の市販薬に切り替えるなら

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

もしザイザルの代わりの薬を別の市販薬で探すなら、

  • アレジオン10
  • アルガード鼻炎内服薬ZⅡ

をご紹介しておきます。

同じ第二世代の抗ヒスタミン薬で、効き目や副作用はザイザルと同程度ですが、もしかしたらあなたの症状に合う可能性もあります。

それでもやはり効き目が弱いと感じる場合は、

  • パブロン鼻炎カプセルZ
  • ザジテンAL鼻炎カプセル

をご紹介しておきます。

この2つの市販薬も同じ第二世代の抗ヒスタミン薬ですが、効き目はザイザルよりも強い部類に入ります。ただし、その分眠気などの副作用も強く感じると思いますので、服用のタイミング等には充分に注意するようにして下さい。

 

>>【1月花粉症速報】2016年スギ花粉の飛散開始とピーク時期予報!

>>【2016年版】これで完璧!1月からのスギ花粉症対策10選

>>【検証アレジオン!】薬が効かないと感じる花粉症の方へ!

>>【徹底比較!】アレグラとアレジオン花粉症に効く薬はどっち?

>>【花粉症の薬アレグラが効かない?】その理由とアレグラの特徴!

>>【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!

>>【一日一回しかも眠くならない!】花粉症のお薬の選び方まとめ!

>>【2016年版】目のかゆみに効く花粉症目薬!市販目薬ベスト5

>>【特集】花粉症の鼻水によく効く市販薬ベスト5!

>>【危険】花粉症の症状で咳が止まらないが意外にヤバい!

 

スポンサーリンク

コメントを残す