【2016年版】花粉症に効く!おすすめ市販・処方点鼻薬まとめ

 

花粉症の症状で一番多いのが、やはりくしゃみ・鼻水・鼻詰りなど鼻に関する症状だと思います。

鼻水や鼻詰りの症状があるだけで、集中力が低下して、仕事や勉強などのパフォーマンスも低下してしまいます。

そこで今回は、花粉症の症状の効く市販の点鼻薬を、その特徴などを踏まえていくつかご紹介しますので、点鼻薬を選ぶ際の参考にして下さい。

 

効き目の強い市販の点鼻薬

【パブロン点鼻Z】

cats

  • 症状・・・主にくしゃみ、鼻水などに効果あり
  • 副作用・・・ほとんど出ない
  • 即効性、予防効果などは弱い

 

【ザジテンAL点鼻スプレーα】

cats

  • 症状・・・主にくしゃみ、鼻水などに効果あり
  • 副作用・・・ほとんど出ない
  • 即効性、予防効果などは弱い

 

即効性の強い市販の点鼻薬

【エスタック鼻炎スプレー】

cats

  • 症状・・・鼻詰りに効き目あり、即効性あり
  • くしゃみ、鼻水などの症状には、効き目、即効性共に効果が弱い
  • 予防効果はなし
  • 副作用・・・長期使用で効き目が低下してくる

 

【ベンザ鼻炎スプレー】

cats

  • 症状・・・鼻詰りに効き目あり、即効性あり
  • くしゃみ、鼻水などの症状には、効き目、即効性共に効果が弱い
  • 予防効果はなし
  • 副作用・・・長期使用で効き目が低下してくる

両方の点鼻薬ともに血管収縮剤が含まれていて、鼻詰りに対する即効性はバツグンですが、副作用の強い薬が多いのが特徴です。

 

予防効果のある処方点鼻薬

  • ノスラン
  • インタール
  • ソルファ

これらの点鼻薬は、予防効果を期待して病院で処方される点鼻薬ですので、効き目・即効性共に弱いです。

あと副作用は出ない薬がほとんどですので、事前に花粉症シーズン前から使用することで、花粉症シーズン中の症状を軽減することが出来ます。

 

効き目の強い処方点鼻薬

  • シナクリン
  • フルナーゼ

これらの点鼻薬は、ステロイド剤を含んでいて、病気でのみ処方される点鼻薬です。

鼻血などの副作用が起こる場合もあり、効き目が強いからと言って連用することは避けましょう。基本的に、医師から使用に際しての注意点など指示があると思いますので、必ず指示通りに使用するようにしましょう。

なお、くしゃみ・鼻水・鼻詰りなど鼻の症状全般によく効きますが、即効性は弱く予防効果はないのが特徴です。

 

各種の点鼻薬の特徴ごとに選ぶと効果的

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

今回ご紹介した点鼻薬は、即効性に優れた薬や効き目の強い薬、予防効果の高い薬などをまとめてみました。

それぞれの点鼻薬の特徴を把握した上で、購入して使用することで効果的に症状を軽減できますので、ぜひ参考にして下さい。

 

>>【2016年2月最新版】今年のスギ花粉のピーク時期と飛散予測

>>【2016年版】これで完璧!1月からのスギ花粉症対策10選

>>【1月に咳が出る!】ハンノキ花粉症の症状の特徴と対策まとめ

>>花粉症の悩みNo1 そのムズムズする鼻の症状と改善策7選!

>>【2016年1月速報】最新版!効果的な花粉症治療法まとめ

 

コメントを残す