【子供の花粉症対策まとめ】あなたの子供を花粉症から守れ!


スポンサーリンク

 

子供の花粉症発症に関する最近のデータによると、5~9歳が約14%・10~19歳が約31%の発症率だそうです。

あなたの子供さんも花粉症を発症する可能性が大いにあることがわかると思います。

 

花粉症から子供を守るための対策!

1d7b7abb1519f7049631c3ffa426bba2_s

 

 

外出する回数を極力減らすように努力をする。

平日は学校などがあったり、塾に通っている子供さんもおられると思います。

当然全く外出しないわけにはいきませんから、なるべく外出の回数を減らす意識を持つという考え方です。

単純に花粉との接触頻度を減らせば、花粉症にかかる確率も減らせますので、主な花粉症シーズンの2~4月の間だけでも努力してみてください。

 

外出時の注意点

外出時は必ず帽子とマスクの着用を守らせる。

服装はなるべく表面のツルツルした素材の服を選ぶ。

などの対策を意識してみて下さい。

 

帰宅時の注意点

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

帰宅時は花粉を家の中に持ち込まないようにする。

服などを手で叩くと花粉が潰れて、服に付着したままになってしまいますので、必ず玄関の外でブラシなどで静かに叩いて下さい。(ズボンのすそ付近は特に念入りに!)

 

帰宅後はすぐに手洗いとうがいと洗顔を行って下さい。

本当はシャワーかお風呂に入って花粉を洗い流すのがベストなのですが、いつも必ずというわけにはいかないと思います。

それに風邪などの予防対策にもなりますのでぜひ手洗い・うがい・洗顔は必ず実行して下さい。

当然のことですが外出時・帰宅時の対策は、家族全員で実行しないと意味がありませんので、面倒ですが花粉症シーズンだけでも我慢して実行するようにして下さい。


スポンサードリンク


 

家の中での対策!

窓は極力開けないようにする。

あと換気扇や換気口からの花粉の侵入も見過ごせませんので、専用のフィルターなどをホームセンターなどで購入して装着して下さい。

空気清浄機を常に付けておく。

これも基本ですが洗濯物や布団などは部屋干しで済ませます。

 

子供を花粉症から守るためには、周りの大人が気をつけてあげないといけないことや、子供に守らせないといけないことも多いので、なかなか実行するのも大変だとは思いますが、ここは子供のためと思い、花粉症のシーズンを乗り切りましょう。

 

>>子供の花粉症治療!小児科・耳鼻咽喉科どっち?

>>こんな症状がでたら花粉症かも!大人と子供の症状の違い

>>【1歳未満でも花粉症になる!】乳児の症状の特徴とその対処法

 >>子供の花粉症デビューは平均7歳!幼児期からの花粉症対策

 

スポンサーリンク

コメントを残す