【1月速報】食べて治す?スギ花粉症に効く花粉症緩和米の実力!


スポンサーリンク

 

1月になるとスギ花粉が飛び始める時期ですので、スギ花粉症の方はそろそろ花粉症対策を考える時期になってきました。

私もスギとヒノキの花粉症なので、毎年この時期になると病院へ行って薬を処方してもらって、早めの時期から花粉症対策をしています。

毎年のように薬を服用して、花粉症のピーク時期を乗りきっているのですが、1日3回毎日薬を服用するというのも意外とめんどうで、もうちょっと手軽に出来る花粉症対策はないか探してたところ、花粉症緩和米がスギ花粉症治療に効果が見込めるという情報を見つけました。

そこで今回は、この花粉症緩和米についてご紹介しますので参考にしてください。


スポンサードリンク


 

 花粉症緩和米とは

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s

花粉症緩和米とは、簡単に言うと花粉の成分を含んだ米ということになります。

花粉の成分を含んだ米を一定期間食べることで、花粉に反応しにくい体を作ることが目的です。

今現在の花粉症の根治療法は、スギ花粉症のみに有効な舌下免疫療法だけです。

その舌下免疫療法も、全てのスギ花粉症の方が花粉症を根治できる訳ではなく、根治には個人差があります。

また舌下免疫療法は、治療期間も2年から5年程度と結構長期にわたって治療する必要があります。

その点この花粉症緩和米は、毎回の食事の際に普段のお米を花粉症緩和米に変えるだけですし、8週間程度食べ続けると免疫に効果が表れるようなので、治療している感覚すらなくなるかも知れませんね。

 

本当に花粉症が治るの?安全なの?

d2c63bf087e7fe6871207201f3ad1d28_s

現在はまだ開発段階ですが、既に花粉症患者での臨床実験も実験済みで効果も出ているそうです。

花粉症治療に効果があっても、気になるのはその安全面です。

治療の考え方は舌下免疫療法と同じで、花粉の成分を体内に取り込んで体をならしていき、アレルギー反応を低下させるという治療法なので過度なアレルゲンの摂取で問題が起こらないのか気になるところですが、花粉の安全で効果のある成分だけを遺伝子組み換えによってお米に含ませているので、安全性の問題はなさそうです。

 

いつから食べれるの?

今のところ、具体的な商品化の時期などは発表されていませんので、いつになったら食べられるようになるのかは不明ですが、近い将来には必ず食べられるようになると思います。

スギ以外の花粉症に悩まされている方も大勢いますので、スギ花粉症だけではなく、他の花粉症にも有効なお米が完成することを期待しています。

 

>>【2016年1月速報】最新版!効果的な花粉症治療法まとめ

>>【舌で治すの?】花粉症治療の最先端!舌下免疫療法

>> 【必見】花粉症の症状軽減のカギは免疫力と自律神経にあり!

>>【特集】スギ以外の花粉症を完治させるには皮下免疫療法が最適!

>>花粉症に有効なレーザー治療!副作用の心配はないの?

>>【重要】花粉症治療の注射について!その効果と副作用は?

 

スポンサーリンク

コメントを残す