【ザイザルってどうなの?】花粉症の治療薬としてのスペックは?


スポンサーリンク

 

私自身も毎年花粉症には悩まされていて、病院で薬を処方してもらっています。

私はあまり知らなかったのですが、花粉症の友人が病院でザイザルという薬を処方してもらって服用しているが、いまいち効き目が悪いと言っていました。

その友人はスギ花粉のみの花粉症で、症状自体は私よりも少し重いほうなので、そのせいでザイザルという薬の効き目が弱いと感じているみたいです。

そこで私も少し気になったのでザイザルについて調べてみました。


スポンサードリンク


 

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン薬

cats

ザイザルはいわゆる第二世代の抗ヒスタミン薬の部類に入る薬で、元々あったジルテックという薬を改良した薬のようです。

このジルテックは、くしゃみ・鼻水・鼻詰りや目のかゆみといった、一般的な花粉症の症状に対して効き目が有効でしたが、少し眠気などの副作用が強かったみたいです。

その眠気などの副作用を取り除いた薬として、このザイザルが開発されました。

元々ジルテック自体が、第二世代の抗ヒスタミン薬の中では中間くらいの強さの薬なので、花粉症の症状がひどい方には少し効き目が弱いと感じてしまうかも知れません。

 

より効き目の強い薬が必要な場合は!

薬の効き目が弱いと感じると、普段の生活にも色々と支障が出ます。

もっと効き目の強い薬を探す場合でも、同じ第二世代の抗ヒスタミン薬で探すほうがいいです。

ザジテン・レミカット・セルテクトなどの薬が、同じ第二世代の抗ヒスタミン薬の中では効き目が強い方なので、一度医師に相談してみてください。

また、第一世代の抗ヒスタミン薬ステロイド系の花粉症治療薬も、病院で処方してもらえますが、副作用の心配もありますし、何より薬による治療は対症療法なので根本的には花粉症は治りません。

どうしても、薬で花粉症の症状だけでも抑えたいという方は、花粉症に効く漢方薬も色々とありますので、漢方薬を処方してくれる病院や薬局で相談してみてください。

>>【花粉症に効く漢方薬はどれ?】市販の漢方薬徹底比較!

 

薬以外の花粉症治療も検討してみてはいかがでしょうか!

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

普段の食生活の改善やサプリメントの摂取などでも、花粉症の症状の軽減に効果の期待できる場合がありますので、これからの生活に取り入れて見てください。

それに、花粉症治療は何も薬による治療だけではありませんから、他にもレーザー治療法舌下免疫療法などの治療法もありますので、ぜひこの機会に色々と検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>花粉症対策の定番の食べ物ヨーグルト!意外と間違っている食べ方

>>【レンコンが花粉症に効く説】意外な食べ物が花粉症対策になる

>>【必見】花粉症の症状軽減のカギは免疫力と自律神経にあり!

>>【おすすめ!】花粉症の症状軽減に効果的な治療法5選!

 

スポンサーリンク

コメントを残す