【特集】花粉症処方薬タリオン!その効き目と副作用まとめ


スポンサーリンク

 

毎年の花粉症シーズンを市販の薬で乗りきっている方も多いと思いますが、なかなか自分の症状に合った薬が見つからずに困っている方もいると思います。

自分の症状に合う薬を見つけられない方は、一度病院で診察を受けて薬を処方してもらうことも検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、処方薬として使われているタリオンという治療薬について、その特徴や効き目・副作用などまとめてご紹介したいと思いますので、処方薬を検討されている方は参考にしてください。


スポンサードリンク


 

タリオンの特徴

  • 種類・・・タリオン錠とタリオンOD錠の2種類ある
  • 症状・・・アレルギー性鼻炎、皮膚のかゆみ
  • 効き目・・・中程度
  • 即効性・・・即効性あり
  • 持続性・・・持続性は低い
  • 副作用・・・中程度で眠気、口の渇き
  • 成分・・・ベポタスチンべシル酸塩
  • 注意点・・・飲み合わせなどの注意点はなし

タリオンには、タリオン錠タリオンOD錠の2種類がありますが、成分的にはどちらも同じで、OD錠は水無しで服用できるタイプになります。

タリオンは、主にアレルギー性鼻炎の治療薬として病院で処方されますが、特に鼻詰りの症状にはよく効くとされています。また、皮膚のかゆみの症状を抑える薬としても処方されているのが特徴です。

効き目に関しては、他の花粉症治療薬と比べて、中程度という位置付けの治療薬です。

ただし、服用後1〜2時間で効き目がMAXになりますので、非常に即効性の高い薬になりますので、今すぐにでもどうしても鼻炎などの症状を抑えたいときには、その効果を発揮すると思います。

ですが即効性が高い反面、効き目の持続性は低いのが特徴ですので、普段はもう少し効き目・副作用共に弱めで持続性の高い薬を服用して、即効性を求めるような時に、タリオンを服用するようにするなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

また、効き目が中程度なので、副作用も中程度と言った感じになります。主な副作用としては眠気を感じるという意見をよく聴きますが、それほど強く副作用が出る訳ではありません。

あと眠気以外の副作用としては、口の渇き、胃痛、倦怠感、下痢、嘔吐などが出る場合もありますが、必ず副作用が出る訳ではなく出ないケースの方が多いです。

あと特にこれと言った注意点はなく、他の薬との併用も基本的は問題ありませんので、気にせず服用できます。ただし、眠気の副作用は出る場合がありますので、服用後の車・バイクなどの運転は控えたほうが良いかと思います。

なお現在ジェネリック薬品は販売されていません。

 

タリオンの用法

cb8b25ea1612d128e06186a487ca2c65_s (2)

タリオンの基本的な用法としては、1日2回10mg(1回分)の服用になりますので、5mgタイプなら2錠で10mgタイプなら1錠を服用します。

タリオンの服用は食前・食後のどちらでも、あまり効き目には影響がないとされていますが、病院の医師の指示に従って服用するようにして下さい。

 

タリオンが効かない場合は

4c1e136d9bc003846d9ff81efdc7b27b_s

もしも、タリオンの服用でも花粉症の症状が改善できない場合は、更に効き目の強い市販薬(第一世代の抗ヒスタミン薬)を服用するか、病院で頓服薬を処方してもらい服用するかのどちらかになります。

ステロイド系の注射による治療法もありますが、強い副作用のリスクもありますので、あまりお勧めはしません。

<効き目の強い市販薬>

  • ベンザ鼻炎α
  • パブロン鼻炎錠S
  • 鼻炎薬Aクニヒロ48錠

 

他の予防効果の高い薬の服用もお勧めします

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

花粉症の治療薬のなかには、予防効果の高い薬もあります。花粉症シーズンの2週間前からの服用で、花粉症シーズン中の症状を軽減することが出来ますので、予防効果の高い薬の服用もお勧めしますので、一度病院で医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

>>【2017年2・3月花粉症】今年のスギ花粉の飛散情報と対策!

>>【検証アレジオン!】薬が効かないと感じる花粉症の方へ!

>>【徹底比較!】アレグラとアレジオン花粉症に効く薬はどっち?

>>【花粉症の薬アレグラが効かない?】その理由とアレグラの特徴!

>>【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!

>>【一日一回しかも眠くならない!】花粉症のお薬の選び方まとめ!

>>【特集】花粉症の鼻水によく効く市販薬ベスト5!

>>【危険】花粉症の症状で咳が止まらないが意外にヤバい!

 

スポンサーリンク

コメントを残す