【花粉症に効く漢方薬はどれ?】市販の漢方薬徹底比較!

 

花粉症でお困りの方の中には、普段忙しくて病院になかなか行くことが出来ずドラッグストアなどで市販薬を購入して、花粉症の症状を抑えている方も多いと思います。

最近は病院でも処方されることの多い抗ヒスタミン薬などの西洋薬よりも、体にやさしいという理由で漢方薬を好まれる方も多いと聞きます。

そこで今回は、花粉症に効く漢方薬をいくつかご紹介しますので、花粉症の症状やご自分の体質に合った漢方薬選びの際には、ぜひお役立てください。

 

まずは「小青龍湯」から試して下さい!

cats

花粉症に効く漢方薬としては、この「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」を処方する医師も多いと思います。

実際にくしゃみや鼻水などの症状には、効果があります。また体を温める効果もありますので、冷え性の方には特に効果的でしょう。また、風邪の治療薬としても処方されますのでいろいろな症状に幅広く効果がある漢方薬だと思います。

まずは小青竜湯を試してみて、改善されない場合は他の漢方薬を探してみるという選択がいいと思います。

 

喉の痛み・鼻水・目の充血などには「天津感冒片・涼解楽」がおすすめ!

cats

cats

「天津感冒片(てんしんかぼうへん)・涼解楽(りょうかいらく)」は、喉の痛み・鼻水・目の充血などの症状に効果があり、その他にも、アトピー性皮膚炎の炎症や湿疹の治療薬としても使用されています。

鼻の症状以外の花粉症の症状を併発されている方には、有効な漢方薬だと思います。

 

鼻の症状が特にひどい場合は「鼻淵丸」!

cats

「鼻淵丸(びえんがん)」は、花粉症のくしゃみ・鼻水・鼻詰りなどの症状や、蓄膿症の治療薬として使用されています。

鼻の症状に特化していますので、花粉症の症状で鼻の症状以外の症状があまり無い場合は、この鼻淵丸を試されてみてはいかがでしょうか。

 

漢方薬の選び方のコツとしては、各症状に合わせて薬を選択するということはもちろんですが、ご自身の体質に合った薬を探すということも大切になります。

花粉症で漢方薬を選ばれる際は、そのあたりを医師とよく相談の上で選ぶと、より一層症状の緩和にも効果的だと思います。

 

>>【2017年2・3月花粉症】今年のスギ花粉の飛散情報と対策!

>>【漢方薬特集】花粉症による咳の症状に効く漢方薬ベスト5

 

コメントを残す