【花粉症にはどの薬がいいの?】正しい薬の選び方まとめ!

 

私も花粉症にかかってからは、良い薬はないかといろいろと調べたり試してみたりもしたのですが、なかなか自分の症状に合った薬を見つけるのも苦労します。

くしゃみ・鼻水・鼻詰りや目のかゆみなど、鬱陶しい花粉症の症状を緩和させるために、みなさんも自分の症状に合ったお薬を探しているかと思います。

そこで今回は、自分の症状に合った花粉症の治療薬の選び方などについてご紹介したいと思います。

 

花粉症の治療薬の種類

花粉症の治療薬としては主に3種類に分かれます。

  • 第一世代の抗ヒスタミン薬
  • 第二世代の抗ヒスタミン薬
  • ステロイド系治療薬と抗ヒスタミン薬の配合薬

今は第二世代の抗ヒスタミン薬が主流となっています。

病院で処方される治療薬も、ドラッグストアなどで購入できる市販薬もこのタイプの治療薬がほとんどです。

第二世代の抗ヒスタミン薬は基本的に副作用を低く抑えた薬が多く、その分効き目のほうも他の2種類の治療薬に比べても弱いと感じるかも知れません。

このタイプの治療薬は、アレグラFXアレジオン10といった市販薬で出回っているものも多いですから、いろいろと試してみて自分の症状に合う治療薬を探してみてはどうでしょうか。

 

>>【必見!】花粉症の薬での眠気の副作用を軽くしたい方はアレグラ

>>気になる花粉症の薬アレジオン!その副作用と効き目は?

 

ステロイド系治療薬と抗ヒスタミン薬の配合薬に関しては、病院で処方される治療薬で市販薬はありません。

主に頓服薬として処方され、症状が一時的に重症化して時に服用するため、効き目も強く即効性も高いですが、その分眠気などの副作用も強いのが特徴です。

 

どのタイプの治療薬を選んだらいいの?

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

病院で医師の診断の上でお薬を処方してもらうのがベストですが、もし市販薬でお探しの場合は、まずは第二世代の抗ヒスタミン薬で市販されているお薬を選択すようにして、眠気などの副作用も低く抑えられている、アレグラFXやアレジオン10などの市販薬から試してみてはいかがでしょうか。

それでも効き目が弱いと感じる方は、パブロン鼻炎カプセルZ・ザジデンAL鼻炎カプセルなど、少し効き目の強い市販薬を試してみて下さい。

ただし眠気などの副作用も強めですので、服用の際は注意が必要です。

それでもまだ症状が改善されない場合は、その他の効き目の強い市販薬もありますが、病院で医師に相談してお薬を処方してもらったほうが、自分に合った薬を探すにはそのほうが早いとと思いますので、病院に行くことをおすすめします。

 

>>【2016年1月速報】最新版!効果的な花粉症治療法まとめ

>>【一日一回しかも眠くならない!】花粉症のお薬の選び方まとめ!

 

コメントを残す