【アレロックが効かない!】花粉症に効く他の市販薬も探してみた


スポンサーリンク

 

花粉症患者さんの中には、病院で薬を処方してもらっている方も多いと思います。

最近は、花粉症患者の方に第二世代の抗ヒスタミン薬を処方するケースがほとんですが、私も以前はアレロックという薬を処方してもらいましたが、少し効き目が弱いなと感じました。

眠気などの副作用はあまり感じなかったのが良いところでしたが、肝心のくしゃみや鼻水などの鬱陶しい症状は、あまり良くなりませんでした。

仕事が忙しくてあまり病院に行く時間もないこともあって、市販薬でもう少し効き目の強い薬を探してみましたので、同じようにアレロックの効き目が弱いなと感じた方は、ぜひ参考にしてみてください。


スポンサードリンク


 

眠気などの副作用をなるべく抑えつつ効き目が良い市販薬をお探しの方

アレジオン10

cats

 

アルガード鼻炎内服薬ZⅡ

cats

 

この2つの市販薬は第二世代の抗ヒスタミン薬で、効き目の強さはアレロックと同じくらいです。

体質的な薬との相性もあるかと思いますし、また眠気などの副作用も同じくあまり感じない部類の薬なので、極力副作用を抑えつつも効き目を期待される方は、とりあえずこの2種類から試されてみてはいかがでしょうか。

 

それでも効かないのでもう少し効き目の強い市販薬をお探しの方

ザジテンAL鼻炎カプセル

cats

 

パブロン鼻炎カプセルZ

cats

 

この2種類の市販薬は第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも、一番効き目の強い部類でアレロックよりも効き目は強いです。

その分眠気などの副作用もアレジオン10やアルガード鼻炎内服薬ZⅡよりも強く出ますので、服用後の車の運転などには注意が必要です。

 

とりあえず、一番効き目の強い市販薬が欲しいという方

パブロン鼻炎錠S

cats

 

ベンザ鼻炎薬α

cats

この2種類の市販薬は、第一世代の抗ヒスタミン薬になりますので、くしゃみや鼻水の症状に対する効き目は市販薬のなかでは一番強いです。ただし鼻詰りの症状にはあまり効き目は期待できないのが特徴です。

また、アレロックや他の薬よりも強い眠気口の渇きなどの副作用を強く感じると思いますので、そのあたりのことは考慮して服用して下さい。

 

ご自身の体質と薬との相性など感じ方の個人差もあります!

薬の効き目の感じ方は、体質的な薬との相性や症状の違いなどで個人差が出てきますので、副作用の低い市販薬から順番に試していって、徐々に強い薬を試していくような薬の選び方をするのが良いと思います。

効き目が弱いとされている薬でも、意外と自分の体には合う場合もありますし、他のにも漢方薬という選択肢もありますので、ぜひ色々と試されてみてはいかがでしょうか。

 

>>【絶対にダメ!】花粉症の治療薬と風邪薬の危険な飲み合わせ!

>>【花粉症に効く漢方薬はどれ?】市販の漢方薬徹底比較!

>>【いつまで飲めばいいの?】花粉症のお薬の服用期間と注意点!

 

スポンサーリンク

コメントを残す