気になる花粉症の薬アレジオン!その副作用と効き目は?

 

最近は花粉症の薬も、病院で処方されている薬と同成分の薬を、市販薬としてドラッグストアなどでも購入できる様になりましたが、このアレジオンもまた市販薬としてドラッグストアなどでも購入できます。

最近このアレジオンはテレビCM(武井咲さんが出ているCMです)でもよく見かけて、よく売れている薬ということで気になりましたので、私の鼻水・鼻詰まりの症状にも効果がありそうか、またその副作用なども気になるところですので調べてみました。

 

アレジオンの気になるその副作用と効き目について!

アレジオンの副作用は!

まずは、アレジオンの副作用についてですが、いわゆる第二世代の治療薬という分類になり基本的に副作用は低く抑えられているようですが、かゆみ発疹・頭痛・眠気・倦怠感などの副作用はあります。

しかし今現在、病院の処方薬や一般の市販薬として使用されている花粉症の薬の中では、比較的副作用は弱い方だと思います。

ただし、副作用に関しては他の要因などが関係していたり、また個人の感じ方の違いなどもありますから、一概には言えませんが副作用の弱い花粉症の薬という認識でいいと思います。

 

アレジオンの効き目は!

アレジオンは花粉症だけでなく、気管支喘息アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹皮膚炎など幅広い用途で使用されています。

花粉症の症状では、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりのどの症状などに主に効果があります。

その効き目に関しては、同じく花粉症の治療薬として使用されることが多いアレグラと同程度と考えて良さそうです。

基本的に副作用を抑えた薬は、その効き目も比較的弱めになりますので、重症度の高い花粉症患者の方には効き目が弱いと感じる方もいると思います。

 

市販薬と処方薬の違いは!

アレジオンは病院にて処方される薬として使用されていますが、市販薬としても売られています。

アレジオン10という商品名で売られているので、薬局やドラッグストア・またはネット通販などでも購入できます。

成分的には同じもので違いはありませんが、病院で医師が処方する場合は20mgを処方するのに対して、市販薬はその半分の一回10mgとなっています。

 

服用の際の注意点は!

服用は一日一回の服用でOKです。

病院で処方してもらう場合は医師の指示に従って服用すれば問題ないですが、市販薬の場合は単純に一回の服用の際の薬の量が処方薬の半分ですので、市販薬を購入されて服用する場合は初めは10mgで服用してみて、効き目が弱いと感じたら20mgの服用にしてもいいと思います。

しかし、薬の服用に関しては医師と相談の上で服用するほうが、より安全に治療出来ますので必ず医師の診断の元で服用するようにして下さい。

服用の際の薬の量などは、各自個人差がありますので必ず医師による診断の上で、医師の指示に従って服用するようにして下さい。

 

>>【必見!】花粉症の薬での眠気の副作用を軽くしたい方はアレグラ

 

コメントを残す