マダニに噛まれたことが原因で感染症にかかって死亡者も出ていますが、5月から9月にかけての夏の時期は、特にマダニの活動が活発になりますので要注意です。

マダニの種類は日本で確認されているだけでも50種類近くいますので、マダニの生息地は日本全域に渡って生息していると考えておいたほうがようでしょう。

マダニの生息場所に関してはいくつか特徴があり、色々と調べましたのでマダニ対策の参考にして下さい。

「【特集】夏の時期は要注意!マダニの生息地や生息場所の特徴」の続きを読む…

 

5月から9月の夏の時期は、ウィルスを保有しているマダニに警戒をしなければいけません。

マダニに噛まれると、マダニが保有しているウィルスによって最悪の場合は死に至りますので、まずはマダニに噛まれないようにすること、マダニに噛まれた場合に適切な処置をすることが重要になってきます。

そこで今回は、そんな危険なマダニに噛まれた時の処置の仕方について紹介しますので、もしも万が一マダニ噛まれた際には適切に処置できるようにして下さい。

「【マダニ特別警報!】危険なマダニに噛まれた時の3つの処置」の続きを読む…

 

コヌカグサの花粉症は、ブタクサカモガヤなどの花粉症と同様、雑草アレルギーの部類に入ります。

コヌカグサ花粉症は、6月から7月の花粉の飛散が特に多い傾向がありますので、注意が必要です。

これらの植物はいわゆる雑草と呼ばれているために、雑草アレルギーの分類されているのですが、基本的には花粉を吸い込んで発症しますので、花粉症との違いはありません。

また、症状もくしゃみ・鼻水・鼻詰りや目のかゆみといった、一般的な花粉症の症状と同じです。

そこで今回は、コヌカグサの特徴や対策などご紹介します。

「【イネ科花粉症】雑草アレルギー?コヌカグサ花粉症の正体」の続きを読む…

 

5月頃からピークの時期を迎えるイネ科花粉症の中でも、ホソムギ同様ハルガヤも4月からの花粉症対策が必要なイネ科植物になります。

ハルガヤ花粉症にかかると、咳がひどくなり喘息へと発展する恐れがありますので、イネ科の花粉症の中でも特に注意が必要にです。

そこで今回は、ハルガヤ花粉症の特徴や対策をご紹介しますので予防の参考にして下さい。

「【イネ科花粉症】喘息を引き起こす?ハルガヤ花粉症の特徴と対策」の続きを読む…

 

イネ科の花粉の飛散時期は、主に5月から秋にかけてがピークとなりますが、ホソムギの花粉は4月の中旬頃から飛散のピークの時期を迎えます。

そのため、他のイネ科の花粉症よりも早めに対策をする必要があります。

そこで今回は、あまり馴染みのないホソムギの写真やその特徴などをご紹介しますので、ホソムギ花粉症対策のご参考にして下さい。

「【イネ科花粉症】4月から対策!ホソムギ花粉症の特徴と対策まとめ」の続きを読む…

 

日本では、2月から4月にかけてスギやヒノキの花粉症がピークの時期を迎えますが、元々スギやヒノキの木が存在しない沖縄では花粉症は無いとされています。

しかし、実は沖縄でも花粉症になる可能性はあります。

スギやヒノキなどの木は沖縄にはありませんが、イネ科の植物は生息していますので、イネ科の花粉症には注意する必要があります。

イネ科の中でも、ススキは沖縄ではよく生息していて、イネ科の花粉症の原因でもありますので、今回はスキ」の花粉症についてその特徴や対策などをご紹介します。

「【イネ科花粉症】沖縄にも花粉症が?ススキ花粉症の特徴と対策」の続きを読む…

 

5月から秋にかけてピークの時期を迎えるイネ科の花粉症ですが、実はイネ科でも様々な種類のイネ科植物があリます。

その中でもアシ花粉症は、8月・9月が花粉飛散のピーク時期ですので、7月ころからの対策が必要になってきます。

そこで今回は、アシ花粉症についてその生息場所や特徴などのポイントを踏まえて、いくつかアシ花粉症対策をご紹介しますので、参考にてして下さい。

「【イネ科花粉症】河川敷には近づくな!アシ花粉症対策まとめ」の続きを読む…

 

イネ科の花粉症の方は、食物アレルギーを併発してしまうケースが多いです。

なかでも、小麦を成分とした食べ物にアレルギー反応を起こすことが多くあり、症状が重症化した場合アナフィラキシーショックを起こしてしまう危険性も高いので要注意です。

麦の花粉に反応する花粉症の症状もありますが、むしろ小麦などの食物アレルギーの影響のほうが深刻だと思いますで、イネ科の花粉症にはならないように対策をする必要があります。

そこで今回は、イネ科(麦)の花粉症と小麦アレルギーについて詳しく調べましたので、参考にてして下さい。

「【イネ科花粉症】麦花粉症と小麦アレルギーの密接な関係」の続きを読む…

 

秋の収穫の時期になると、各地で稲刈りが行われますが、稲はイネ科の花粉症の原因にもなっていますから、9月のピーク時期は充分に対策が必要です。

そこで今回は、稲の特徴や分布状況などと合わせまして、稲花粉症対策のポイントを3つご紹介しますので、稲の花粉症対策の参考にして下さい。

「【9月のイネ科花粉症】秋は要注意!3つの稲の花粉症対策」の続きを読む…

 

5月から夏にかけての時期になると、イネ科の花粉症のピークの時期を迎えます。

イネ科の花粉症は、食物アレルギーを併発しやすいため花粉症の中でも特に注意したいところです。

またイネ科の花粉症にも、カモガヤ・イネ・麦・アシ・ホソムギなど他にも様々なイネ科の植物があり、生息場所や生息地域や飛散時期などもそれぞれ違いがあります。

そこで今回は、誰にでも出来る簡単なイネ科花粉症予防策を7つご紹介しますので、イネ科花粉症にならないように参考にして下さい。

「【特集】誰にでも簡単に出来る!7つの夏のイネ科花粉症予防策」の続きを読む…