【危険な花粉症治療!】ステロイド注射による治療の効果と副作用!

 

花粉症治療の方法の一つに、注射による治療法があります。

注射による治療法も、大きく分けて2種類あり、完治を目的とする皮下免疫療法と、花粉症の症状のみを抑えることが目的の注射療法とがあります。

世間一般的には、後者の注射療法が知られているように思います。

そこで今回は、注射療法の中でも特に治療の効果が高いとされている、ステロイド注射による治療法について、治療の効果や副作用についてご紹介したいと思います。

 

ステロイド注射による治療の効果

d5a1bacb8f35142160f08a1f32152035_s

よく「注射一本で花粉症が治る」などという宣伝文句で、花粉症患者を集めている治療法は、その殆どがステロイド注射による治療法です。

確かに、くしゃみ・鼻水・鼻詰りなどの花粉症の症状には、直接的に強く作用する注射なので、即効性という意味ではありがたいかも知れません。

しかし、1回の注射で花粉症が完治することはなく、それどころかステロイド注射自体は、対症療法なので症状を軽減する効果しかありません。

しかも、1シーズンに数回は注射をする必要性がありますので、その分副作用のリスクも高くなってしまいます。

 

ステロイド注射治療による副作用

2294b421bb5060c531fd3920544824d9_s

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 生殖機能障害
  • 感染症
  • 副腎機能不全
  • 緑内障
  • 肝機能障害
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍
  • 精神障害
  • 全身の倦怠感
  • 骨粗鬆症
  • 注射箇所の筋肉の萎縮や陥没

私が調べただけでも、これだけの副作用の危険性が問題視されています。

これらの副作用の多くは、目に見えるような分かり易い症状ではなく、自覚症状の薄いものが多く、症状が表面化した時には、治療が困難な病気も多く含まれています。

 

その他の注射治療

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s

  • ノイロトロピン注射
  • ヒスタミン注射 

ノイロトロピン注射は、鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・皮膚のかゆみに対して有効とされていて、副作用もほとんどなく安全な保険適応の治療法です。(もちろん個人差はありますので医師の診断は必ず受診してください)

しかし、副作用がマイルドな分、効き目も少し弱い印象があります。

注射自体も1シーズン1回でOKというものではなく、1ヶ月に数回程度は注射する必要がありますので、普段忙し方が病院に何度も足を運ぶのも色々難しいのではないかと思います。

 

ヒスタミン注射は、症状が出る前の時期に前もって注射をしておいて、体の中に抗体をつくるタイプの治療法ですが、副作用もありますので、充分に検討の上での判断が必要です。

ヒスタミン注射は、花粉症の症状が出始める前の時期に、前もって注射をしないとその効果は見込めませんので、事前に注射をしておく必要があります。

通院回数も、アレルギー反応を見極めながら徐々に抗体を体の中に作っていくことになるので、やはり1シーズン1回でOKというわけにはいかず、週1回程度の通院が必要になります。

その効果の持続性も個人差があり数年間とされています。

 

ステロイド注射はハイリスクローリターン

ステロイド注射による花粉症治療は、「注射一本で花粉症が治る」などと言う宣伝文句で、花粉症患者を集めている治療法ですが、私の印象としては、これだけの副作用のリスクを侵してまでする方法ではなく、ハイリスクローリターンという気がします。

 

>>【特集】花粉症治療の注射は何科?保険適応・費用の情報まとめ

>>【1月特集】花粉症治療には非ステロイド系の注射がいい?!

>>【重要】花粉症治療の注射について!その効果と副作用は?

>>【特集】スギ以外の花粉症を完治させるには皮下免疫療法が最適!

>>【舌で治すの?】花粉症治療の最先端!舌下免疫療法

>>【2016年1月速報】最新版!効果的な花粉症治療法まとめ

>>【1月花粉症速報】2016年スギ花粉の飛散開始とピーク時期予報!

 

コメントを残す